ルイヴィトンモノグラムミニ新作どのように,ルイヴィトン長財布モノグラム,ルイヴィトンモノグラムミニ新作格安2014 オンラインルイヴィトンモノグラムミニ新作専門はどうですか 河南丰德机械制造有限公司


2015-01-27 11:17    ルイヴィトンモノグラムミニ新作
「…………!!」  頷くしかなかった。 「しかし、この戦乱は、すでにコモン界だけの問題でもドレイクの覇権主義によって継続されているものでもないと分った。後のことは、ジャコバにやらせることだ」  それは、ジョクにもわかる。 「……ジャコバが語ったことは、オーラを持った生命のことだったんだ……」 「そうだろう。わたしも、そう理解できる。率直に言うよ、ジョク……巨大戦艦の建造については、わたしも妙なことだと感じていたんだ。あれは、わたしの頭のなかにはなかったことだ。しかし、今になって分るのは、コモン人に世界がやらせたのだとすれば、地上にたいする示し、つまり地上人に示して諭《さと》すために建造させられたということだな」 「そうなるのか……」 「意想外のことだよ。オーラ・マシーンの発明者というわたしの立場はどうなるのだ?」  ショットは、上着の裾《すそ》をはらうようにして立ち上った。  そういうことかと思いながらも、ジョクは、ショットの痛みは分らないではなかった。 「しかし、嬉しいことでもある……故郷に帰れるとは思っていなかったが、バーンが帰還したときから、いつかそうなろうと思っていた」  ショットが肩ごしに言った。 「じゃ、バイストン・ウェルがこうも急いで、この世界を地上世界に示そうとする意味はなんだ?」 「その解答はジャコバがしている」  立場が逆転したようなショットの発言だった。 「バイストン・ウェルが警告しようとしていることは、地上人がバイストン・ウェルの存在を認識し、今の暮しを改めない限り、地上世界は壊滅するということだ」  ジョクがそう言うのは、ジャコバ以上の解答を得たいからだ。 「そんな警告をオーラ・マシーンで示してどうなる? 地上世界を混乱させるだけだな。バイストン・ウェルという異世界の存在を知った結果、動揺した地上人が過剰反応をして、より尖鋭的《せんえいてき》な行動に出るということだよ」