收藏

グッチ 財布編集

【ノーブランド品】かわいい 長財布 レディース キュート アニマル プリント 漫画 人気 おしゃれ
__3,26000
【ノーブランド品】かわいい 長財布 レディース キュート アニマル プリント 漫画 人気 おしゃれ 
iphone6 / 6 plus 財布型 レザー ケース / スマホ アイフォン カバー 【AZEAL】
__2,48000
iphone6 / 6 plus 財布型 レザー ケース / スマホ アイフォン カバー 【AZEAL】 
車 ギア
__1,680 - 2,58000
車 ギア 
[ZOO]日本製・牛革・イタリアンレザー ・マルチ・フェレット・ペンケース・ZPP-001 (青ネイビーブル×ゴールド)
__4,10400
[ZOO]日本製・牛革・イタリアンレザー ・マルチ・フェレット・ペンケース・ZPP-001 (青ネイビーブル×ゴールド) 
足踏み エアー フット スイッチ (エアー フット スイッチ 1/4インチ ホースニップル2種類 (タケノコ)付 足踏 スイッチ 切替え)
__2,18000
足踏み エアー フット スイッチ (エアー フット スイッチ 1/4インチ ホースニップル2種類 (タケノコ)付 足踏 スイッチ 切替え) 
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ
__1,580 - 2,48000
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ 
 保憲はなにも言わず苦笑した。そのとおりなのかもしれないと思う。笑うたびに痛む脇腹の傷が、今は少しだけ心地よかった。  それきり二人は黙って外の景色を眺めた。  緩やかに傾斜した草原を、朝霧が風に乗って流れていく。時折、馬の嘶きが聞こえてくる。官牧の朝は早い。牧司が屋敷を空けているのも、馬の世話に追われているせいだろう。 「実は賀茂殿あてに文を預かっています。鬼王丸殿から」  しばらくして敦隆が話を切り出した。 「わたしに?」 「ええ。あなたが腹を立てていないようなら渡してくれと——」  少し困ったように笑んで、敦隆は懐から紙を取り出す。  保憲は怪訝に思いながらそれを受け取った。まさか傷を負わせたことに対する詫び状でもあるまい。今さら彼が保憲に伝えることがあるとは思えない。 「——日下部殿」と屋敷の家人らしい者が敦隆を呼びに来た。失礼、と言い置いて敦隆は部屋を出て行った。家人の表情は強張っており、なにかしらの問題が起きたことが知れた。  一人部屋に残された保憲は、その間に鬼王丸の書き置きを開いた。  いかにも彼らしいおおらかな文字が、まだ新しい墨の臭いとともに連ねられている。  文章はそう長くない。  牝馬を一頭預けたい。手に負えぬ跳ね馬だが性根は優しい。器量も悪くないだろう。うまく手懐けてやって欲しい——そのような内容だ。  保憲の唇に微苦笑が浮かんだ。牝馬というのが、夜叉のことだというのはすぐにわかった。  諏訪の地を立ち去る前に、鬼王丸は、娘である夜叉を保憲に託していったのだ。  身勝手な話だったが、腹は立たなかった。都からこの諏訪まで。ほんの数日だが、夜叉との旅は保憲にとって決して不快なものではなかった。人に馴れない獣のような娘だが、一方で父親に似て他人を惹きつけずにおかない磁力のようなものがある。  兼家のもとに置き去りにしたことで、今ごろは怒っていることだろう。それでおとなしく逃げ去るような娘でもない。案外、保憲のあとを追って、この辺りまで来ているということもあり得る。そのときは鬼王丸の望みどおり、彼女を託されてやってもいいと思う。将門の娘を妻に娶ると告げたとき、父である賀茂忠行がどんな顔をするか——想像するだけでも痛快だった。
表示ラベル: