ルイヴィトンパスポートケースダミエ
null
[ルイヴィトン] Louis Vuitton パスポートケース ダミエ N99072 ダミエキャンバス X4510 【中古】
__null00
[ルイヴィトン] Louis Vuitton パスポートケース ダミエ N99072 ダミエキャンバス X4510 【中古】 
[ルイヴィトン] Louis Vuitton パスポートケース ダミエ N99072 ダミエキャンバス J4017 【中古】
__null00
[ルイヴィトン] Louis Vuitton パスポートケース ダミエ N99072 ダミエキャンバス J4017 【中古】 
null 未知はつぶやき、プルトップを引いた。牧原もしかたなく手をのばした。 「ねえ」  ビールをひと口飲んだ未知がいった。 「センセーって、何者なの」 「そんなこと訊《き》いてどうするんだ」  牧原もビールをあおり、いった。 「別に。でも、今夜のこと、センセーとしか話せない。だったらセンセーのこと教えてよ」 「忘れちまえ」 「いいよ、忘れられるなら。明日、じゃなくて今日か。あたしが学校いったら、菅野が何もなかったようにきてたら、忘れるよ。でも菅野はこないでしょ」 「……ああ」  牧原は低い声でいった。 「センセーも自衛隊?」 「今はちがう」 「いたことあんの?」 「教官をやっていた。だから教師と同じだ」 「何、教えてたの」 「戦い方」  牧原は未知のほうは見ずにいった。未知が探るような視線を向けてきているのは、痛いほどわかる。