ルイヴィトンヴェルニアルマpm役立つか|モノグラムヴェルニライン,買ってルイヴィトンヴェルニアルマpm|買ってルイヴィトンヴェルニアルマpm 河南丰德机械制造有限公司


2015-02-07 13:48    ルイヴィトンヴェルニアルマpm
「難しいことをおっしゃる。梅津るり子が人妻派遣組織のメンバーだったということをご存知だったら、ぼくはもう何も言うことはありません。ぼくと彼女は、組織を通じてのただのプレイ関係でした。とても具合がよかったので、また会いたいと思った。そのために、名刺を渡しておりました。それだけのことです」  河野はそこまで一気に言った。  そちらのほうで引っぱられるかもしれないが、「自由恋愛」だったと言い逃れる手はある。 「そうでしょうかな」  杉浦警部は、憮然《ぶぜん》とした表情で、じろっと睨んだ。  梅津るり子のことを詳しく尋ねているところをみると、杉浦警部はまだ彼女が目撃者であったことは知らないようである。 「ところで、幾つかの週刊誌や新聞で、ある人物の所有車に拘わる面白いお尋ね記事を拝見しました。何か、成果はありましたか?」 (あったとも……あったぜ……凄い成果があったんだぜ……)  河野は本当なら、今すぐにでも、警察に協力したい。あの駐車場の写真も、美紀のワープロのフロッピーも渡して、杉浦警部たちに一刻も早く真犯人を逮捕してもらいたい。  しかし、まだ証拠や確認は、不充分である。今の段階では素直にそうはしたくないという気持ちのほうが、深く根を張っている。それは、妹を殺したやつは自分の手でつかまえたい、という気持ちでもあるし、警察には頼りたくない気持ちでもあるし。せっかくここまで追いつめているところなので、官憲の力を借りずにとことんやってみたい、という野心でもあった。 (それに何といっても、貝塚を箱根の別荘に不法監禁したりしていて、おれたちはもう一線を踏みこえている……)  警察にはもうしばらく、近づかないほうが無難であった。  河野が沈黙すると、杉浦警部は不機嫌そうに睨んだ。  その面上には微かに、怒りすら感じられた。 「ところで、どうなさったんです。その顔は」  杉浦が、はじめて河野の顔に残っている生傷に気づいた、という表情をした。 「私の顔がどうかしましたか」 「生傷じゃありませんか。打撲傷の痕もある」